FC2ブログ

日々是精進徒然なる音楽と食の楽しみ

Duan Allman & Eric Clapton

2018年9月21日

今日は体調が悪く食事を採る気が起きず飯抜き。

Mean Old World。
Duan Allman & Eric Clapton 1970 Augast。
最初の出会いは、T Bone Walkerのキャピトル時代の アルバムだった。
ジャジーな曲で流れるようなギターに痺れたな。
しかし、初めてこの二人のセッションを聴いたのは、デレク&ザドミノスの
レイラアルバムのレコーディング
中の飛び切り凄い二人のセッションだった。
のちにオールマンアンソロジーとしてデユアンの セッションを記録した
アルバムが出た時だった。
これを初めて聞いた時のあの興奮は今でも覚えて いる。
鳥肌が立つドブロ同士の戦いが凄かった。
後にレイラ40th アニバーサリーで数テイク収められていたが、今でも
最初に聞いたテイクが心奥深く残っていて、それを越えられるテイクは
無いと思っている。
この二人が出会ったことの素晴らしさとこの二人が作り上げたレイラは
永遠に不滅だ。
この二人の作り出す音楽を、リアルタイムで感じ られたことを幸せに思い、
誇りに思っている。

サンクス デユアン&エリック。
20180920duan (4)
20180920duan (1)
20180920duan (3)
20180920duan (2)
スポンサーサイト
  1. 2018/09/22(土) 10:06:49|
  2. Eric Clapton

Eric Clapton&Marcy Levy。

8 July 2018 / Hyde Park, London, England

やっとEric Clapton&Marcy Levyを見られた。
映像はオーディエンスショットの寄せ集めだが、
今の時代はすぐ見られるのが素晴らしい。
クリアで音質もよく楽しめた。
CDもPAの近くで録音された感じで聴きやすい。
昔のカセット録音・VHSビデオと比べると隔世の感があるね。

01. Somebody's Knockin'
02. Key To The Highway
03. Hoochie Coochie Man
04. Got To Get Better In A Little While
05. Driftin‘
06. Nobody Knows You When You're Down And Out
07. Layla
08. Tears In Heaven
09. Lay Down Sally - with Marcy Levy
10. The Core - with Marcy Levy
11. Wonderful Tonight
12. Crossroads
13. LIttle Queen Of Spades
14. Cocaine
15. High Time We Went - with Carlos Santana
hyde park 2018 (1)
hyde park 2018 (2)
hyde park 2018 (5)
hyde park 2018 (6)
hyde park 2018 (3)
hyde park 2018 (4)
  1. 2018/08/18(土) 17:57:42|
  2. Eric Clapton

愛しのパティ・ボイド。

ERIC CLAPTON / SONGS FOR PATTIE
pattie (1)
pattie (2)
pattie (3)
pattie (4)
pattie (5)

一人の女性に対してこんなに歌えるのは凄い。

01 LAYLA (DUET with Dr.John 5/9/1996)
02 PRETTY GIRL (2/1/1983 シアトル)
03 PEACHES AND DIESEL
04 WONDERFUL TONIGHT (2/11/1978 サンタモニカ)
05 THE SHAPE YOU'RE IN (4/20/1983 ブレーメン)
06 OLD LOVE (10/27/1997 武道館)
07 BELL BOTTOM BLUES (11/24/1999 横浜アリーナ)
08 WHY DOES LOVE GOT TO BE SO SAD (6/28/2008 ハイドパーク)
09 I AM YOURS (5/5/2006 ル・カンネ)
10 SHE'S WAITING (2/1/1992 ブライトン)
11 NEVER MAKE YOU CRY (4/20/1985 バージニア)
12 JUST LIKE A PRISONER (3/1/1985 バーミンガム)
13 LAYLA (1/13/1973 レインボーシアター)
14 OLD LOVE
PB_90.jpg

Song To Soul BS TBS 6/24

パティ・ボイドが語るデレク&ザ・ドミノス「Layla」。

パティ・ボイドとボビーホイットロックが語る
デレク&ザ・ドミノス「Layla」の真実。
当事者でなければ語れない内容が素晴らしい。
これにトムダウドの映像が加わればなお最高~。
songtosoul.jpg
songtosoul2.jpg
songtosoul3.jpg
  1. 2018/06/27(水) 16:54:05|
  2. Eric Clapton

2018年6月15日

Eric Clapton 25th Anyversary Tour 1988 Japan その1

1988年11月2日 東京ドーム25th Anyversary Tour 1988 Japan

今から30年前のエリッククラプトン ジャパンツアー。
東京ドームと日本武道館」を見に行った。
その時のドームのライブの衛星放送。
当時オンタイムで放送されたBSを録画したな。
その時の映像とオーディエンス録音の音源が登場。
BOXバージョンのオーディエンスとの違いは未解析。
東京ドームでビール飲みながら酔っぱらってみていた記憶が蘇る。
この時のシェリフとレイラのギターは失禁するほど素晴らしかった。
いまだに日本公演でこの時を越えるプレイは無い。

ERIC CLAPTON - THE NIGHT AT DOME
Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 2nd November 1988
img18702.jpg
img18703.jpg

Disc 1 (57:01)
1. Introduction
2. Crossroads
3. White Room
4. I Shot The Sheriff
5. Lay Down Sally
6. Wonderful Tonight
7. Tearing Us Apart
8. After Midnight
9. Can't Find My Way Home

Disc 2 (77:12)
1. Money For Nothing
2. Candle In The Wind
3. I Guess That's Why They Call It The Blues
4. I Don't Wanna Go On With You Like That
5. I'm Still Standing
6. Daniel
7. Member Introduction
8. Cocaine
9. A Remark You Made
10. Layla
11. Solid Rock
12. Saturday Night's Alright For Fighting
13. Sunshine Of Your Love

Eric Clapton : Guitar & Vocals
Mark Knopfler : Guitar & Vocals
Elton John : Piano & Vocals
Nathan East : Bass
Steve Ferrone : Drums
Alan Clark : Keyboards
Ray Cooper : Percussion
Tessa Niles : Backing Vocals
Tracy Ackermann : Backing Vocals


ERIC CLAPTON WITH ELTON JOHN & MARK KNOPFLER - TOKYO DOME 1988
Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 2nd November 1988 PRO-SHOT(82:48)
img185.jpg
img186.jpg

1. Crossroads
2. White Room
3. I Shot The Sheriff
4. Lay Down Sally
5. Wonderful Tonight
6. Tearing Us Apart
7. Candle In The Wind (Elton John)
8. I Guess That's Why They Call It The Blues (Elton John)
9. I Don't Wanna Go On With You Like That (Elton John)
10. Daniel (Elton John)
11. Band Introduction & Cocaine
12. A Remark You Made
13. Layla

Eric Clapton : Guitar & Vocals
Mark Knopfler : Guitar & Vocals
Elton John : Piano & Vocals
Nathan East : Bass
Steve Ferrone : Drums
Alan Clark : Keyboards
Ray Cooper : Percussion
Tessa Niles : Backing Vocals
Tracy Ackermann : Backing Vocals
  1. 2018/06/16(土) 05:13:26|
  2. Eric Clapton

レイラといろいろなラブソングの詰め合わせ。

2018年5月31日

layla.jpg
Layla2.jpg
このアルバムを聴き続けている。
小学生の頃から何度聴いた事だろうか?。
オープニングの I Looked Awayから〆のThorn Tree In The Garden
まで通して聴いている。
このアルバムが趣味と音楽を変えたと言っても過言ではない。
ましてや、このアルバムでデュアンオールマンを知りオールマンブラザースバンド
にも飛んで行った。
デュアン無しではこのアルバムは成立しない。
なおかつこの二人が同じステージに立ったフロリダのギグ。
December 1, 1970 - Curtis Nixon Hall, Tampa, Florida。
そのベースがここにあった。
エリックのストラトハーフトーンとデュアンの伸びやかなスライドが
無くてはレイラは無しえなかった。
Layla8.jpg
Layla7.jpg
Layla & Other Assorted Love Songs
1. I Looked Away
2. Bell Bottom Blues
3. Keep On Growing
4. Nobody Knows You When You're Down And Out
5. I Am Yours
6. Anyday
7. Key To The Highway
8. Tell The Truth
9. Why Does Love Got To Be So Sad?
10. Have You Ever Loved A Woman
11. Little Wing
12. It's Too Late
13. Layla
14. Thorn Tree In The Garden

鮭塩焼き・煮もの・納豆ご飯。
20180531 (1)

  1. 2018/05/31(木) 17:30:41|
  2. Eric Clapton
次のページ

プロフィール

Author:たぬき組合

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Eric Clapton (17)
Jeff Beck (2)
岡山県笠岡市 (7)
天神下 大喜 (10)
ラーメン千葉県柏市 (49)
ラーメン千葉県松戸市 (22)
ラーメン千葉県船橋市 (5)
ラーメン千葉県 (5)
ラーメン東京都台東区 (1)
ラーメン我孫子市 (5)
ラーメン鎌ヶ谷市 (2)
一由そば@日暮里 (6)
音楽 (40)
Rbert Johnson (1)
洋食 (8)
そば・うどん (52)
etc (25)
とんかつ (1)
和食 (17)
映画 (1)
家飯 (64)
ラーメン (2)
未分類 (44)
ラーメン千葉県佐倉市 (28)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR